派遣社員のPC入門

はけんしゃいんのぱそこんにゅうもん
2014年はサイトリニューアルを予定しています。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
Top > MSワード : MSワードと作表(基本攻略編)

MSワードと作表(基本攻略編)

表が扱えるようになると途端にワードが楽しくなります。
エクセルの方が簡単だと思っていた方、ぜひ、チャレンジしてみてください。

とにかく表を挿入してみる

「表の挿入」アイコンをクリックし、必要なセルを選択し表を作ります。
もしくは、「罫線>挿入>表」から必要なセル数を入力し、
オプションを設定しOKボタンをクリックします。



セルの幅や高さを変えたい

変更したいセルを選択してから右クリックで「表のプロパティ」を開きます。
幅を変更したい場合は「列」タブをクリックし、基準になる単位を選んで幅を指定します。
高さを変更したい場合は「行」タブをクリックし高さを指定してください。






行の「高さ」選択肢は悩むところですが、
行の高さをとりあえず最小にして、入力文字数が多くなった場合に自動的に高さを変更する場合は、「最小値」を選んでください(相対)。
入力内容が多くなった場合は文字を小さくしたりして対応する、いわゆる見栄え重視の場合は、「固定値」を選択してください(絶対)。


また、表の高さや幅を統一したい場合は、表全体を選択してから同じ操作をするとまとめて設定することができます。


表について細かく設定したい

表の上で右クリックをして「表のプロパティ」を開き、「表」タブをクリックします。




「幅を設定する」チェックボックスにチェックを入れ、値を入力するとそのサイズの表ができます。


表を左揃え、中央そろえ、右揃えにすることもできます。
左端からのインデントを設定すれば、用紙の余白を除いた左端からのインデントを利用することができます。
文字列の折り返しで「する」を選択すると、表の回りに文字列が回り込みます。
詳細は「位置」ボタンをクリックして設定します。




「セル内の配置」ではセル内の余白を設定することができます。
「セルの間隔を指定する」ではセルとセルの間隔を指定できます。
A4、8面付けの名刺シートなどを利用する際に便利です。


文字列の位置を変えたい

変更したいセルをクリックしてから、マウスを右クリックして「セルの配置」で設定します。




セル内での上下、左右を一度に設定できます。
表全体を変えたい場合は、表全体を選択してから右クリックします。
連続していない複数のセルを選択する場合は、キーボードの【Ctrl】キーを押しながら選択します(マウスポインタが黒い矢印に変わってからクリックすると選択できます)。

初版:04/03/10
前の記事] [次の記事] 《拍手を送る
ゼロからスタート英単語 BASIC1400
ひとつの単語にたくさんの日本語訳を覚えるのはもうやめよう!単語の基本イメージをしっかり固めてどんどん応用しよう!
アメリカの子どものように英会話を覚える本
日本語と英語の考え方の違いからくる勘違いを根本解決してくれます。知っておいて損しない言い回しが満載です。
Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本―最初からそう教えてくれればいいのに!Excel2007/2003対応
VBAは便利って聞くけど、プログラミングなんてやったことないし、何をどうやったらいいの?と言う方にオススメ。なお、関数だけじゃもう無理!VBAってやった方がいい?と言う方には良書。
基本動詞をマスターしよう:スペースアルク
have, make, take, give, get これらは辞書を引くとたくさんの日本語訳が書いてあります。ネイティブはそれをどうやって記憶しているのか?目から鱗のコラムです。英語学習のやり直しにも最適です。
   StyleNote5