派遣社員のPC入門

はけんしゃいんのぱそこんにゅうもん
2014年はサイトリニューアルを予定しています。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
Top > 派遣社員の基礎知識 : 派遣会社の選び方

派遣会社の選び方

世の中にたくさんある派遣会社。選び方次第で、自分の命運を分けることに。仕事が回ってくるかどうかよりも、自分に合っているかどうかが重要なのでは?仕事を紹介してもらえるから自分に合っていると思い込むのではなく、自分に合っているから仕事を紹介してもらえる方が良いですよね。

盲点

派遣会社は2パターンに分けることができます。それはバブル景気以前から存在する会社とバブル崩壊前後に登場した会社です。

単にものの考え方のひとつであって、良い悪いを決定するものではありませんので、それを頭の片隅において読んでください。

バブル景気以前から存在する・・・例えば、世の中が学生を金の卵ともてはやしていた時代、新卒はどんどん正社員として雇用され、年功序列制度でほとんどやめることなどない。当然派遣登録してくれる人材の確保が大変です。また、大卒である必要がなかった時代なら、単価の高い派遣社員よりも中卒で雇用するのが得だったかもしれません。そんな時代から派遣会社を???

一方、バブル崩壊後は、採用しすぎた正社員を次から次へと解雇する時代。ある程度のスキルを持った人材が、アルバイトのような単価の低い仕事を倦厭し、もちろん、以前のような月給をくれない会社に就職することも。派遣登録を望む人材が山ほどいたワケです。求人広告を出せば黒山が???

これが会社設立当時の経営理念に多少影響を及ぼしていたとしても・・・不思議ではありません。

それはさておき、このバブル崩壊後の人材余剰時代、その足元を見る派遣会社が少数ではありますが現れました。また、会社そのものがそうでなくても、担当コーディネーターや担当営業がそう言った考え方の影響を受けている場合もあるようです。そこが肝です。

登録スタッフを使い捨てにする会社や担当者では、自分に合っているなどとは言えないはずです。あーしてくれないだの、こーしてくれないだのと、ネットで愚痴るのも悪くはありませんが、折角非正社員なのですからさっくり捨てて、自分にあった派遣会社を探しましょう。

気の合わない派遣会社での不幸

気は合わないんだけど、たまたま仕事を紹介してくれたから・・・と出向いた派遣先。これがまた運命的な出会いで・・・ということがあることでしょう。もし、気の合う派遣会社なら、派遣契約終了後の身の振り方にも親身で相談にのってくれるでしょうが、気の合わない会社や担当者では期待ができませんし、相談するのも辛いですよね。

本来、派遣から正社員になるには紹介予定派遣のステップが必要ですが、気が合えば契約満了後に正社員の道が開ける可能性もあります。

私の経験では、短期という契約で出向いた派遣先でどうしても3ヶ月続けて欲しいと言うことになりまして。でも社会保険の壁で2ヶ月と1日以上は契約を継続することができませんでした(旦那の会社の都合で扶養に入るためには派遣会社でも退職証明書が必要)。このとき、派遣会社のコーディネーターさんが相談にのってくれまして、本当はいけないんだけど・・・とうなずき合って、2ヶ月と1日目からは派遣先でアルバイトをすることになりました。アルバイト終了後はまた派遣会社から仕事の紹介を得ています。

余談:派遣先によってはこのまま社員にならないか?とか、契約社員にならないか?と紹介予定派遣ではない普通の派遣社員に話を持ちかけてくる場合もあります。単に派遣会社に払うよりも安価になるからというケースもあります。自分の手取りが増えればいいのですが、派遣会社を通して文句を言ってもらうことができなくなると言うデメリットを含め、派遣会社とある程度相談なさることをオススメします。円満に派遣先に就職、円満に派遣を続ける、どちらかであって欲しいですからね。両方なくすと痛いです。

目安はないの?

残念ながらこれと言った目安はありません。あくまでも個人の主観ですから。Aさんが良いと評価した派遣会社をBさんが悪いと評価することもあります。

なお、仕事の有無は営業にも寄りますが、急いで仕事を探したい場合は直接派遣会社を訪問した方が手っ取り早いので、判断はそれからにした方が良さそうです。電話やメールでは申し訳なさそうにしている顔が見えませんし、逆にこのくらい言っておけばいいよねと笑っている顔も見えませんから。

大手と中小

どんな業種でも言えることですが、大手だから大丈夫!ということはありません。小さな派遣会社でも、小さいからこそきめ細かな対応をしてくれる場合もあります。その意味で大手のデメリットは自分の顔と名前を憶えてもらう難しさでしょうか。とはいえ、大手は中小では見つからない仕事を持っていることも多々あります。

そう考えるなら大手と中小からピックアップして複数登録するのも良いかもしれません。但し、複数登録は隠さず正直に担当者に伝えましょう。もちろん、派遣に出ることが決まったら、紹介を受けなかった他の派遣会社にいつからいつまで他社で派遣に出ることを連絡しましょう。派遣スタッフが複数社に登録していることは当たり前なので、それによって仕事が紹介されなくなると言うことはありません。

複数登録でまれに聞く話ですが・・・最初に派遣会社A社から紹介を受けた派遣先X社は時給が千円で千百円ならと値上げ交渉を依頼。その間に派遣会社B社から同じ派遣先X社を紹介され時給が千百円だった。千百円なら仕事を受けようと思っていたので、値上げ交渉中のA社を断ってB社で依頼を受けるかどうか迷っています・・・複雑ですよね。

A社が切れても気にならないのならB社を選べばいいのでしょうが、B社よりもA社の方が好きと言った場合は本当に悩むと思います。これがベストという回答ではありませんが、自分が長くつきあっていきたいと思う派遣会社に相談するのが無難かと。この場合、生活がかかっているわけですから、先だとか後だという話は抜きにしてもかまわないと思います。B社を選ぶと決めた場合でも、正直に伝えておいた方が後々のトラブルが少なくなると私は思います。参考になれば幸いです。
初版:07/01/02
前の記事] [次の記事] 《拍手を送る
ゼロからスタート英単語 BASIC1400
ひとつの単語にたくさんの日本語訳を覚えるのはもうやめよう!単語の基本イメージをしっかり固めてどんどん応用しよう!
アメリカの子どものように英会話を覚える本
日本語と英語の考え方の違いからくる勘違いを根本解決してくれます。知っておいて損しない言い回しが満載です。
Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本―最初からそう教えてくれればいいのに!Excel2007/2003対応
VBAは便利って聞くけど、プログラミングなんてやったことないし、何をどうやったらいいの?と言う方にオススメ。なお、関数だけじゃもう無理!VBAってやった方がいい?と言う方には良書。
基本動詞をマスターしよう:スペースアルク
have, make, take, give, get これらは辞書を引くとたくさんの日本語訳が書いてあります。ネイティブはそれをどうやって記憶しているのか?目から鱗のコラムです。英語学習のやり直しにも最適です。
   StyleNote5