step3の最近のブログ記事

さて、表示画像の準備編で使用したクリップアートを再び使います♪ 準備編で作った画像を挿入してもOKです♪(この作業は画像の準備が適当だと痛いことになります)

で、最も大切なのは、画像をめいっぱい拡大しておくことです(笑)。いえ、ジョークじゃなくて本当に!

080911_tsubo-10.gif

画面一杯に開いてあるエクセルでこのくらい大きくしちゃってOKです。と言うのも、これからする作業は後で「縮小することに意味がある」からなのです。では、作業に入ります。

まず、「図形描画」のツールバーを出します。既に表示されていれば良いのですが、画面上に無い方は、表示>ツールバー>図形描画で表示させてください。なお、エクセル2007の場合は2003以前と全くやり方が違うので、ちょっとゴメンナサイさせてください(手元にありませんし)。

080911_tsubo-11.gif

この図形描画ツールバーにある、オートシェイプ>線>フリーフォームを選びます。

080911_tsubo-12.gif

ドロー系ソフトに慣れている方は曲線でもイイと思いますが、初めての方は「フリーフォーム」がオススメです。

このフリーフォームは多角形を簡単に書くことができます。クリックしたところが角になるので、曲線でも細かく角を作ることでまるで曲線のように表示することができるのです。では、早速やってみましょう。私は左回りが好きなので、壺の左肩あたりから下方向へ角を打っていくことにしました。

080911_tsubo-13.gif

上の画像はクリックした場所(角)を「頂点」として表示したモノです。こんな具合に、好きなだけ「頂点」を作ってなめらかな曲線に仕上げてみてください。

もし途中で少しずれてしまった場合も余り気にせず仕上げてみてください。頂点の編集でキレイに直せますから。

なお、この「フリフォーム」はクリックしていると頂点が角になりますが、ドラッグすると曲線になるので気をつけてください。

080911_tsubo-14.gif

これができあがった壺の枠線です。目立つようにラインを「白」くしていますが。

080911_tsubo-15.gif

もし、食い込み、はみ出し、気に入らない点がありましたら・・・

080911_tsubo-16.gif

画像の上で右クリックをして、「頂点の編集」を選択してください。

080911_tsubo-17.gif

「頂点」の上にマウスをのせると、マウスカーソルが変わります。四角「■」の4辺に各々三角「▲」がくっついているかと・・・。直したい「頂点」にマウスをのせ、左ボタンを押したまま、本来の位置へドラッグしてください。

080911_tsubo-18.gif

誌面の都合上、小さくなっていますが、お気になさらずに。

ええと、これで、壺の形ができました。ここから先、何しろっちゅうーねんですね。

080911_tsubo-19.gif

作成した図形の上で右クリックして、「オートシェイプの書式設定」を選んでください。

080911_tsubo-20.gif

「色と線」タブを選んで、塗りつぶし枠の「色」を「塗りつぶし効果」にします。

080911_tsubo-21.gif

「図」タブを選んで、「図の選択」ボタンをクリックします。

080911_tsubo-22.gif

以前作成して保存しておいた背景を切り取った画像を選択します。表示するモノによっては「図の縦横比を固定する」にチェックを入れた方が良いこともあります。後でチェックのオンオフが可能ですので、違いは試してみてください。

画像を選択したら「OK」ボタンをクリック、オートシェイプの書式設定画面も「OK」ボタンをクリックします。

080911_tsubo-23.gif

さて、どんな画像になりましたでしょうか?

ちなみに私の場合はわかりやすくするために白いフチ枠がありますので、取り除いてみましょう。後は本来の大きさに縮小してみてください。縦横比を維持したまま縮小するには、シフトキーを押しながらがいいかもしれません。

080911_tsubo-00.gif

手慣れないと簡単にいきませんし、複雑すぎる画像には向いていませんが、何かのお役に立てれば幸いです。

あ、黒いフチ周りを削除しないで読み込んでみると・・・こういうことになります。お気をつけ下さい。

080911_tsubo-24.gif

ちなみにこちらがその見本♪ → 080911_tsubo-mihon.xls

この画像のこの部分だけ貼り付けたいんだけど

ただ周囲を切り取りたいだけなら難しくないのですが、複雑な図形の背景を透過させたいと言われたらちょっと困りますよね。できればそれなりの画像加工ができるソフトを導入したいところですが、使いこなすまでが大変だったり、会社に寄ってはフリーソフトひとつ導入するにも稟議書から~(遠い目)だったりしますから、ある程度の縛りはあるけど、とりあえず使えそうな方法を書いてみます。

なおこれは、エクセル2003のお話です(2007でもできますが、アイコンの配置などが大幅に変更されてしまったので、フォローしきれません。ごめんなさい。)。古いエクセルではできないと思われますので、悪しからずご了承ください。

tsubo_org.PNG

これはクリップアートにあった壺の絵です。この背景を真っ白にしてみましょう。同じ画像で練習してみたい方は、このリンク上で右クリックして画像ファイルを保存してください♪

え?ペイントで白く塗りつぶせばいいって?あはは、そうですね。背景が単色の場合はそれでイイと思います。また、背景が白くなっていればいいのならペイントでチマチマ塗りつぶせばイイと思います。が、今回は後ろに文字や別の画像が見える透過画像を作ります。

080911_tsubo-00.gif

こんな感じになります。とにもかくにも画像が必要なのですが、エクセルに貼り付けたクリップアートでは都合が悪いので、これをコピーして画像加工ソフトにペーストします。

080911_tsubo-01.gif

クリップアートを使用する場合は、エクセルにクリップアート画像を挿入し、その後、画像の上で右クリックをし、コピーを選択してください。

ソフトはペイント系ならなんでもOKです。Windows なら、スタートボタンから、プログラム>アクセサリ>ペイントで起動する「ペイント」という簡易ソフトで問題ありません。このペイントにペースト(Ctrl+V)してください。

080911_tsubo-07.gif

次に表示させたい対象物だけにします。具体的には以下のような感じです。

080911_tsubo-02.gif

黒い背景をガッツリ削除しているのがわかりますでしょうか?

目の良い方、目の色解像度が非常に良い方はともかく、作業しにくいなと思ったら拡大表示をオススメします。表示>拡大>拡大するです。

080911_tsubo-03.gif

拡大して作りたい画像を見てみると・・・

080911_tsubo-04.gif

赤で囲った部分のように、黒いところをできるだけ多く切り捨てたいわけです。

キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「A」キーを押してみてください。画像が点線で囲まれていませんか?画像全体を範囲選択しました。この点線で囲まれているときに、画像の上にマウスを持ってくると、マウスカーソルが矢印がついた十時になりますので、マウスの左ボタンを押したまま、左上に少しマウスを移動させてみてください(ドラッグ)。画像が動きませんでしたか?画像が動かなかったら、「Ctrl」+「A」からやり直してみてください。動いた方は、画像上部と左側の黒い部分をきれいさっぱり見えなくしてしまいましょう。

今度は右側と下部の黒い部分を・・・ってなんか白い部分が増殖している・・・大丈夫です。それも綺麗さっぱりなかったことにしますから!

080911_tsubo-05.gif

掲載の都合上原寸表示していますがお気になさらず・・・

赤丸で囲ったちっちゃい四角にマウスをのせると、マウスポインタが矢印になります。右側なら左右の矢印、下から上下、右下なら斜めの矢印です。矢印にマウスポインタが変わったらマウスの左ボタンを押しながらマウスを左側もしくは上側(または左上)に動かします。細い点線が現れていませんか?

080911_tsubo-06.gif

この細い線が仕上がり線になりますので、表示させたい部分ぎりぎりにあわせ、マウスの左ボタンから指をあげます。これを右側、下側、両方行って、不要な背景部分をそぎ落としてください。

できあがったら、お好きなフォルダに名前をつけて保存してください。ファイル>名前をつけて保存です。保存形式は、BMPあたりが無難です。ペイントのJPGは圧縮が高く、画像が汚くなることがあるので注意が必要です。

これで透過画像を作る準備ができました♪(続きは次回

手書き原稿を入力する時に読めない文字があって「●」などとすること、よくありますよね。こんなときは条件付き書式でセルに色をつけてみてはいかがでしょうか?後から修正する時も、修正しちゃえばセルの色が消えるわけですから、セルの色を直し忘れてパニックになることも無くなるかと。

使う関数は「FIND」です。仕事場のエクセルはFINDだけでは上手く動作せず(バージョンが古い?)1文字以上あったらと条件を追加しましたが。

数式が = FIND ( "●" , A1)

で、この条件付き書式を設定する時にマウスでセルをクリックして指定すると絶対指定(例:$A$1)になりますので、こうなると条件が変わってしまうので、$マークは外しちゃってください。また、$マークがついていなければ、書式のコピペで好きなところに条件付き書式をコピーできますから♪

応用というほどでもありませんが、文中に、例えば「要確認」「要連絡」のようなキーワードがあったら目立たせたい!という時にも使えます♪この場合は入力時に「☆要確認」「☆要連絡」としてFINDし、確認後、連絡後は☆を削除するなどすれば条件から外れるので目立たなくなります。

勤怠表Ver2公開

| コメント(0) | トラックバック(0)

使っている関数は、IF、VLOOKUP、DATE、WEEKDAY、OR、AND、だけ。難しいことはしていません。組み合わせだけです。

VLOOKUPはWEEKDAY関数で得た値を日本語の曜日に置き換えるために使っています。

祝祭日の色分け対応(日曜と同じ赤)、振替休日対応、ハッピーマンデー対応、春分日・秋分日を国立天文台発表資料より2030年まで対応・・・してみました。もっときれいな書き方もあると思いますが・・・何かの参考になれば幸いです。

勤怠表Ver2のテンプレート

英数字を全角にしたり半角にする関数はありますが、残念なことにひらがなやカタカナに変換する関数はありません。一般的にはフリガナ関数を使って取り出すのが無難ですが、郵便番号変換した住所や、本来の読みとは異なる音や訓で入力した場合、もしくは文字パッドから入力した場合は「フリガナ」ではなくなってしまうので注意が必要です。

フリガナ関数、=PHONETIC(セル)を利用してフリガナを取り出す場合、セルの書式を設定する必要があります。本来の文字列がA列、フリガナがB列の場合、A列を選択し「書式(O)→ふりがな→設定」で「ふりがなの設定」画面を開き、フリガナの種類を選びます。選べるのは「ひらがな」「全角カタカナ」「半角カタカナ」です。ひらがなを選んでおけば、=PHONETIC(セル)で取り出したふりがなはひらがなになりますし、半角カタカナにしておけば半角カタカナになります。「ふりがなの設定」は入力前でも入力後でも行えます。念を押しますが、フリガナ関数を使うセルではなく、本来の文字列が入っているセルの設定です(できないケースの良くあるパターンです)。

単純にひらがなとカタカナを変換するだけなら、アドインを使ってみるのもひとつの手です。以前私が使っていた複雑な指定が出来てフリーだったソフトは既になくなっていて(エクセル2003には対応していません)、今のところこれがすごいぞ!というのはありませんが、とりあえずフリーソフトで現行バージョンでも使えそうなのが、文字種変換(Excelマクロを用いた小学校教員必携プログラム集)かと。シェアウェアになると高機能でよい物も出回っているようですので、探してみてください。

ISERR などのテスト関数

| コメント(0) | トラックバック(0)

ISERR、ISERROR、ISNA、などを使ってエラーを回避できますと言われても・・・具体的な使い方、イマイチですよね。

IF関数とセットで使ってみては?

例えば、LOOKUPがらみの関数の場合、マッチしないと「#N/A」が返ってしまい、見にくいことこの上ない!と言う場合に使うわけですが。

=IF(ISNA(VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,型)),"",VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,型))

という具合に使います。日本語訳すると、「もしVLOOKUPの結果が#NAだったらブランク、そうでないならVLOOKUPの結果を表示しなさい」となります。

TRUE(真)、FALSE(偽)もわかりにくい要因のひとつかもしれませんね。もちろん、関数を入れ子にして使うことがわかりにくいんですけど(苦笑)。プログラムの話なら行を変えたりインデントを使ったり見やすく書けますが、エクセルは1行しかありませんからね(涙)。こればかりは慣れて貰うしかないかも。

私の場合は1つのセルに全部詰め込まずに1セルに1つか2つの関数を入れて、右隣のセルでその結果を参照して次の関数・・・みたいに使っていたことがあります(笑)。これは複雑な入れ子にする場合、かなり有効だと思いますよ。何がどう間違っているのか検証しやすいですから。とりあえず見栄えは悪くなりますが、印刷範囲指定をして無視してしまえばそんなに目立ちませんしね♪

割り算をしたときの余りが知りたいんですけど・・・通常の割り算で使う「スラッシュ」では小数点以下までどんどん割りますので、この場合は余りを求める関数を利用します。

=MOD(5,2)(5÷2の余りを求める場合)

かっこ内の「5」の位置には割る前の数値、「2」の位置には除数(割る数値)を入れて使います。もちろんセルを指定することも可能です。ただ、除数に「0」を指定することは出来ず、計算結果が「#DIV/0!」となります。

あと、余りだけ必要な場合はこれでかまいませんが、商と余りを求める場合は別の計算が必要になります。扱いやすいROUDDOWN関数を使って、=ROUNDDOWN(5/2,0)とするか、短い関数を使うならINT関数がオススメで、=INT(5/2)となります。ROUNDDOWN関数はすでにご存じかと思いますが、数値を切り捨てる関数。(A,B)のAには切り捨てる前の値(今回は5/2)、Bに桁数(今回は整数なので「0」)を指定して使います。INT関数はズバリ指定された値から最大の整数を抜いてくれる関数です。5÷2の場合、エクセル上の答えは「2.5」ですので、その最大の整数「2」を表示してくれます。

A

B

C

D

1

5

2

=INT(A1/B1)

=MOD(A1,B1)

2

5

0

=IF(B2=0,"",INT(A2/B2))

=IF(C2="","",MOD(A2,B2))

エラーかどうかを見定めるには、ISERRやISERRORが有効ですが、単に除数が「0」かどうかを判定すればいいので、除数がゼロだった場合の対処法さえ書いておけばいいかと思います。2行目のC列はB列が「ゼロ」ならブランク、D列はC列がブランクなら同様にブランクと書いてみました。算数のように書くのなら、=C1&"..."&D1あたりでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちstep3カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはstep2です。

次のカテゴリはstep4です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.04