エクセルでカレンダーを作ってみる(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

曜日を調べる

エクセルで曜日を調べるには WEEKDAY 関数を利用します。

cal_081015_03.png

(1)fxボタンをクリック
(2)関数の分類で「日付/時刻」を選択
(3)リストから WEEKDAY 関数を選択

最後に、OKボタンをクリックすると WEEKDAY 関数の編集画面が開きます。

ところで、「シリアル値」ってなんのことでしょうか?!?!実は、Windows版エクセルでは1900年1月1日のシリアル値が「1」なんです。1900年1月2日が「2」・・・と言う具合に数字が日々大きくなっていきます。1900年から1000年以上経った今日のシリアル値を暗算で求めるなんて、それこそその分野の特殊な能力がないとできません。

というわけで、ちゃんと関数が準備されていますのでご安心を。二度手間で申し訳ないのですが、先ほどの WEEKDAY 関数の画面はいったんキャンセルいただき、以下の操作をお願いします。

(1)fxボタンをクリック
(2)関数の分類で「日付/時刻」を選択
(3)リストから DATE 関数を選択

OKボタンをクリックいただくと、DATE 関数の編集画面が開きます。ここに、今日の日付なり、1900年1月1日なりを入れてみて下さい。ちなみに2008年10月16日のシリアル値は「39737」だそうです(笑)。

ということで、DATE 関数を使って求めたシリアル値を、WEEKDAY 関数で使うわけですね。

では早速使ってみましょう。まず、西暦と月度を定義しましょう。とりあえず西暦がセルA1、月度がセルA2にしておきましょう。

cal_081015_04.png

続いて日付を DATE 関数を使って表示します。セルA5に

=DATE(A1,A2,1)

と入力してみて下さい。関数編集画面を開いてもかまいませんし、「=」から手入力してもOKです♪

えっ、5桁の数字が表れた?!?!

いえ、大丈夫です。それで正常です。安心して下さい。先ほど説明した「シリアル値」が表示されているだけなのです。え?それでもこれじゃぁカレンダーにならない?!あぁ、まぁそうですね。でも、そう言うときは、セルの書式設定というおまじないをすればいいのです。

シリアル値が表示されているセルを選択してから、キーボードの「Ctrl」を押しながら数字の「1(テンキーではなく「!(ぬ)のキーです」)」を押してみて下さい。「セルの書式設定」が開きましたよね?(エクセル2007ってどうなってるんだろう??)

cal_081015_05.png

セルの書式設定画面の「表示形式」タブを選び、分類の一覧から「ユーザー定義」を選び、種類の入力スペースにある「G/標準」を削除して、「d」を入力します。すると「種類」の上に表示されている「サンプル」が5桁の数字から「1」に変わるんです!!

この「d」は、Year,Month,Date のDateの「d」なんです。シリアル値から、y(年)、m(月)、d(日)が簡単に抜き出せるというわけです。ちなみに・・・「d」を「dd」とすると、「01」です。「10/1」ではなく「10/01」と表示したいときは、「mm/dd」とすればすっきりします♪

えっと、話がそれましたが、書式設定のおまじないで、無事、日にちが「1」になったかと思います。なんか面倒な気もしますが、WEEKDAY 関数で利用するため、2日以降も関数を設定します。でも、わざわざ、date 関数を使う必要はありません。シリアル値に1を足せば、必ず次の日になるんですから♪

と言うわけで、セルA6に、

=A5+1

と入力するだけでOK。シリアル値になってしまったら、セルの書式設定でおまじない。

「2」になったのを確認したら、このセルの右下の小さな四角(■)を掴んで31日のセルまでドラッグ!順々に「前のセル+1」がコピーされます。

日にち欄に「1」~「31」までの数字が入っていればとりあえず日付は完成です。

さて、ようやく曜日です。

セルB5に WEEKDAY 関数を入力します。

=WEEKDAY(A5)

あー、まただまされたー!とか思っていませんか?だって、数字が表示されているはずですから。でもこれで良いんです。

cal_081015_06.png

曜日のセルを選んで、セルの書式設定画面を開きます。先ほどは「日にち」のみを取り出しましたが、今度は日本語で曜日を表示するようにします。「aaa」で「月火水木金土日」、「aaaa」なら「月曜日火曜日水曜日・・・」となります。また英語の方がイイ場合は「ddd」や「dddd」でどうぞ♪

最後にセルA5を選択し、右下の小さな四角を掴んで31日までドラッグします。これで月末まで曜日が入力されたはずです。

では、西暦と月度を変更して、曜日が自動変更されるか見てみましょう♪

う・・・できない???うーん(困)。とりあえず、手順を確認してみて下さい(汗)。

(3)に続きます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pc.z-kikaku.jp/mt/mt-tb.cgi/493

コメントする

このブログ記事について

このページは、杜夜 泉が2008年10月16日 17:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エクセルでカレンダーを作ってみる(1)」です。

次のブログ記事は「エクセルでカレンダーを作ってみる(3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.04