2007年10月アーカイブ

「+」が入力できない

| コメント(0) | トラックバック(0)

例えば・・・「=50+20」と入力したいのに「+」が入力できない・・・というお話の場合、キーボードが壊れているのでは?という話になるのですが、セルに「+70」と入力したのに「70」としか表示されないというお話の場合は、セルの設定になります。

セルの書式設定の「表示形式」タブを開いて設定します。とりあえず「数値」で一番近い設定を選んでください。桁区切りを使うとか、マイナスは赤くして「-」をつけるとか、必要に応じて。その後、「ユーザー定義」をクリックすると「数値」で選んだ書式が表示されていますので、そこにプラス記号を追加してください。

0_  ;[赤]-0 ;0    (全部半角で♪)

先頭にプラスマーク(半角)をつけて、後ろに「;0(半角スペース)」ですね。プラスマークはともかく、ゼロの定義をしておかないと「+0」と意味不明な表示になってしまいますから。ゼロ定義用の半角スペースですが、正・負ともに半角スペースが入っているので揃えただけです。右揃えだけど半角スペース分左に寄ります(何故そうなっているのかよくわかりませんが(笑))。

手書き原稿を入力する時に読めない文字があって「●」などとすること、よくありますよね。こんなときは条件付き書式でセルに色をつけてみてはいかがでしょうか?後から修正する時も、修正しちゃえばセルの色が消えるわけですから、セルの色を直し忘れてパニックになることも無くなるかと。

使う関数は「FIND」です。仕事場のエクセルはFINDだけでは上手く動作せず(バージョンが古い?)1文字以上あったらと条件を追加しましたが。

数式が = FIND ( "●" , A1)

で、この条件付き書式を設定する時にマウスでセルをクリックして指定すると絶対指定(例:$A$1)になりますので、こうなると条件が変わってしまうので、$マークは外しちゃってください。また、$マークがついていなければ、書式のコピペで好きなところに条件付き書式をコピーできますから♪

応用というほどでもありませんが、文中に、例えば「要確認」「要連絡」のようなキーワードがあったら目立たせたい!という時にも使えます♪この場合は入力時に「☆要確認」「☆要連絡」としてFINDし、確認後、連絡後は☆を削除するなどすれば条件から外れるので目立たなくなります。

このアーカイブについて

このページには、2007年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年9月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.04