エクセルで割り算をしたときの余り

| コメント(0) | トラックバック(0)

割り算をしたときの余りが知りたいんですけど・・・通常の割り算で使う「スラッシュ」では小数点以下までどんどん割りますので、この場合は余りを求める関数を利用します。

=MOD(5,2)(5÷2の余りを求める場合)

かっこ内の「5」の位置には割る前の数値、「2」の位置には除数(割る数値)を入れて使います。もちろんセルを指定することも可能です。ただ、除数に「0」を指定することは出来ず、計算結果が「#DIV/0!」となります。

あと、余りだけ必要な場合はこれでかまいませんが、商と余りを求める場合は別の計算が必要になります。扱いやすいROUDDOWN関数を使って、=ROUNDDOWN(5/2,0)とするか、短い関数を使うならINT関数がオススメで、=INT(5/2)となります。ROUNDDOWN関数はすでにご存じかと思いますが、数値を切り捨てる関数。(A,B)のAには切り捨てる前の値(今回は5/2)、Bに桁数(今回は整数なので「0」)を指定して使います。INT関数はズバリ指定された値から最大の整数を抜いてくれる関数です。5÷2の場合、エクセル上の答えは「2.5」ですので、その最大の整数「2」を表示してくれます。

A

B

C

D

1

5

2

=INT(A1/B1)

=MOD(A1,B1)

2

5

0

=IF(B2=0,"",INT(A2/B2))

=IF(C2="","",MOD(A2,B2))

エラーかどうかを見定めるには、ISERRやISERRORが有効ですが、単に除数が「0」かどうかを判定すればいいので、除数がゼロだった場合の対処法さえ書いておけばいいかと思います。2行目のC列はB列が「ゼロ」ならブランク、D列はC列がブランクなら同様にブランクと書いてみました。算数のように書くのなら、=C1&"..."&D1あたりでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pc.z-kikaku.jp/mt/mt-tb.cgi/472

コメントする

このブログ記事について

このページは、杜夜 泉が2007年4月 1日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エクセルのソート」です。

次のブログ記事は「画像が印刷できない?!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.04