放送大学で、ソフトウェアのしくみを順調に(汗)学習中です。

はてさて、第1回の授業を受講し、演習問題に取り組んだモノの、エクセル女子(笑)には意味不明な単語が続出。「符号あり正数」これは、「+」「-」の符号がつくと言うことで理解。DBで桁数(文字数)を設定する場合、10桁なら、符号で1桁使うので、実際には9桁しか入力できなくなる、そんな感じ。「2進数」これは、数字を0と1で表示するということで、時計の12進数や60進数が理解できていればOK。でも、0→1→10→11→100 と、即桁が上がる恐ろしい表現方法。なるほど。最後に「2の補数」。これ、わかりませんね(笑)。Facebookで説明を受けても、はぁ?という感じ(失笑)。エクセル女子の日常に全く存在しない文化です。

結論として、「2の補数」を理解することよりも、符号あり正数の負の数を、2進数化するときに、2の補数で表現できるようになればOKと理解。プログラムはなすべきコトができればそれで良いのです!(初心者の内は)!!

  1. 負数の絶対値を取る
  2. 2進数にする(3bit)
  3. bit反転する(0→1、1→0、なので、100→011)
  4. 001を足す

エクセル2010には2進数に変換する関数 DEC2BIN() がありますが、2進数化した数値を2進数として計算させることはできないようです。111+001なら1000が解ですが、エクセルは112とします。普通ですね(笑)。ということで、10進数で計算したモノを2進数化するのがよろしいようです。

個人的に困ったのは、不慣れすぎて、この計算過程が正しいかどうか確認する術が無かったこと。解が回答と同じでも大丈夫なのかと不安になりました。ということで、エクセルで、計算過程を表現してみようと思い至ったわけです。

また、演習問題2.2、2.3の表をエクセルで作成し、×がつく(フラグが立つ)場所に×を付けてみました。こんなことに4時間も消費したことは棚上げしておきます。きっと、このファイルを作った知識はPGする時に役立つと思うから。

作成したエクセルファイルはこちらにあります→ http://1drv.ms/1huBaTM

なお、bit反転するエクセル関数がなかったため、エクセルで数字を反転させるマクロ、関数はありますか? 例 11→00 00→11 を参考にしました。質問者と回答者に感謝感謝♪ また、不幸にも巻き込まれてしまったソフト屋の背の君様にも感謝感謝。「旧2種の勉強?」と言われてしまった(笑)。

では、エクセル女子、エンドユーザー女子の皆様、お互い、コツコツがんばりましょう!!

オススメサイト
Facebook 放送大学講義「ソフトウェアのしくみ」
Facebook 放送大学講義「コンピュータのしくみ」

 

小ネタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

エクセルと無関係な情報が続いておりますが、リニューアル前のネタ帳に使っております(汗)。

今回は、使って便利なサービス。

Evernote は使っていますか?

ネタ帳としても有能なのですが、私は主に備忘録として使っています。例えば、買い物に行く前に、チェックボックスを使って買い物リストを作成。買い物中はスマホの画面を見、商品をカゴに入れたらチェック、ということで、リストが完璧なら買い忘れなく買い物ができますし、ムダ買い防止にもなります。

また、気になったウェブサイトをクリップすることもあります。心理学関連の調べ物をよくするので、気になった頁は丸ごと取り込んでいます。ブラウザのブックマークの場合、オフラインになったら見られませんし、先方がドメインを変更したり、記事を大幅に編集・削除した場合、見ることができなくなってしまいますが、クリップしておけば、何度でも見られます。更に、印刷物とは違って検索も容易なので、重宝しています。ただし・・・記事が編集・削除されている場合、その背景を推察しておかないと、誤った情報を引用してしまうことも。注意が必要ですね(汗)。その他、気になったファッション頁のクリップもありますね。これは着ると言うより、描くためなんですけど(笑)。

ざっと見ると、私の場合、やはり備忘録派ですね。チェックボックスを使ったToDoがたくさんあります♪

無料利用で、1ヶ月あたり60MBまでアップロードすることができます。チェックボックスのテキストばかりなら、月に5MBもアップロードしないので、気軽に使える備忘録が欲しいなぁとお考えの方に最適です。パソコンのブラウザからも使えますし、スマホ(iPhone、アンドロイド)・タブレット用アプリがあるので、便利ですよ♪

ちなみに、年間4000円で、プレミアム会員になり、1ヶ月あたり1GBまでアップロードできるようになります。使いまくりたい方はプレミアム会員が良さそうですね。アプリ左下の広告も消えますし♪

Evernote で忘れ物のない生活を~♪

学べばわかるその瞬間

| コメント(0) | トラックバック(0)
放送大学ライフも2年が過ぎ、51単位を取得し、来期で折り返しの62単位を越える予定です。順調にいけば5年で卒業できる!と微妙に喜んでいる今日この頃です。

ところで、来期は「ソフトウェアのしくみ」を受講するのですが、教科書が届きはじめた昨今、方々から、教科書を見て愕然とした!と言う話が。ソフトウェア=ワードやエクセル、と思って科目登録し、届いた教科書のアセンブラ例を見て愕然とする、というケースのようです。

同種で「コンピュータのしくみ」という科目もあるのですが、これも、コンピュータ=自分が持っているパソコン、と思って登録し、教科書を見て、茫然自失とか。


来期以降に受講される方はご注意くださいね~。

私は来学期に、ソフトウェアのしくみをやって、応用ソフトやOSが制御しちゃってる部分について学ぼうと思っています。メモリなんて、最近のPCは大盤振る舞いだし、スワップだって自動だから、考えたことなかったよ。教科書読んで、へぇそうなんだ!状態。そもそも私のメインはエクセルのVBAだからねぇ~(大笑)。この科目の単位が取れたら、コピュータのしくみに取り組もうかと思っています。回路のこともやっぱり知っておきたいし。
※エクセルのVBA(マクロにあらず)をさわったことがあれば、真面目に勉強すれば大丈夫だと思っての履修です。

メモリの失敗と言えば、掲示板(Perl)をほったらかしにしていたら、海外から変な書き込みが乱発して、サーバーを落としたことがあります。1件の書き込みに対し、何百件もコメントがつくなんて想定されていない設計だったので、1件ごとにデータファイルが生成されるものの、コメントは主投稿に追加保存されるタイプだったんです。その節は、現レンタルサーバとは違うところでしたが、同じサーバーを利用の皆様にご迷惑をおかけしてしまいました(汗)。スミマセン(平謝)。
ソフトウェアのしくみって、こういう感じの失敗をしないための科目ですね~。ちなみにコンピュータのしくみは「回路」の話ですよ~。
 
コンピュータのしくみ、は、JMOOC でも学べます♪ 単位は取れないけど、タダです♪
 
ちょっと雑談でした♪

最近、作成した文書の中から、丸数字番号の振られた項目に段落番号を振る機会が多くなったのですが(ぶら下げ効果で見やすくなるため)、その時、頭がカギ括弧(「)で始まったモノを含む項目に、「ホーム>段落>段落番号」すると、少々パニックに(汗)。

あれ、ダメですね。何故か自動インデントされてしまい、想定していない番号が振られることが・・・。

気付いたときはカギ括弧を外して作業するのですが、忘れていると・・・どうしたら直るのか、内部処理が予測できずに困ることに。

対処法はカギ括弧を外しておく、ですかねぇ。何かいい方法があるといいのですが。

※ちょっとおまけ。今年は頑張れたら(←やや消極的)サイトリニューアルの予定です。内容が古く、XPがらみのことも書きたいので。

Windows7の時にも同じような質問がありました。XP時代に使っていたソフトウェアをインストールしようとしたらできなかったと。これは主に、新しいWinowsに対応していないことが原因です。更に2つに分けると・・・ソフトウェアがXPにした対応していないケースと、Win7やWin8でも32bit版なら動くけど、64bitには対応していないというケースです。購入前に対応しているかどうかを確認し、32bit版には対応とあれば、32bit版を検討したり、バージョンアップで64bit版に対応とあれば、ソフトのバージョンアップを検討するのもありです。一方、Win7、8には非対応とある場合、どうにもなりませんので、諦めてください。

ところで、今回はいつもとは違った内容の相談があったので、ここに書いておこうと思いました。放送大学の学生さんで、Win8に買い替えたところ、XPでは視聴できていた放送授業が、インターネットで視聴できなくなったという相談だったのです。今のところ、そういった話題は聞こえてこないので、この相談は個別対応のケースだと思っていますが、念のために、したいことが出来ることを確認して購入いただくのが良いと思うのです。


↑このURLを開くと、放送大学の「新入生・入学検討者のための学び方ガイダンス」ページが開きます。このページにあるガイダンス動画を再生することで確認ができます。お店の展示パソコンで、「PLAY」ボタンをクリックし、動画が視聴できるか確認すると良いかと思います。

なお、「放送授業紹介(テレビ授業)」の動画は再生方法が異なりますので、これが再生できても、実際の授業が視聴できるとは限りませんので気をつけてください。放送授業紹介はFLASHという仕組みで動画を視聴しますが、実際の授業はWindowsMediaPlayerを利用して視聴します。ブラウザの中でWindowsMediaPlayerが開くか、ブラウザの外でWindowsMediaPlayerが開くかします。

おまけですが、Windows8を購入する際は、展示してあるパソコンを少しさわらせていただいて、操作できそうか体験してからの購入をお勧めします。どうしても無理そうだと感じた場合、Windows7にダウングレードできるパソコンがないか、店員さんに相談してみてください。Windows7はXPと同じで、マウスを使って操作し、画面構成もXPと比較的よく似ていますので、使いやすいと思います。ただし、ダウングレード操作は自分で行う必要があるため、ご自身でできないと思う場合は、事前にパソコンに詳しいご家族に相談しておく必要もあるかと思います。

では、楽しいパソコンライフを~♪

サイトのリフレッシュしたい・・・。

ご無沙汰しております(苦笑)。

さて、今日はエクセルで行間設定をするのが面倒だなぁ~と思ったので、マクロでやってみることに。

1行目、3行目、5行目・・・奇数行の高さは16、2行目、4行目、6行目・・・偶数行は24。それを400行に渡って繰り返す場合です。

とりあえず、400行選択して奇数行の16にあわせておいて・・・。

VBAを開いて、

Sub gyo()
Dim i As Long

For i = 1 To 400
If i Mod 2 = 0 Then
Rows(i).RowHeight = 24
End If
Next

End Sub

これを実行すると、偶数行の高さを24にしてくれます。ただし、処理時間を少々頂くことがあります(苦笑)。

土曜日を青く、日曜日を赤く

不満3「できたら土曜日は青、日曜日は赤で表示できたら良いのになぁ~」に挑戦です。

が、どうやったら自動的に文字の色が変わるのでしょうか???どこが土曜日、日曜日になるかなんて、カレンダーを表示させてみないとわからないことですからね。こんな時は、エクセルの「ちょこっとだけ」便利な条件付き書式を使うと便利なのです。

え?どうして「ちょこっとだけ」とカギ括弧でくくっているのかって?それはですねぇ、エクセル2003の場合、条件が「3つ」しかつけられないからなんです(涙)。ひとつの条件式に複数の条件を詰め込むこともできますが、

エクセル2003の場合、結果は最大で3種類!たったの3つしかないのです!!!

だから、「ちょこっとだけ」便利な機能なのです。ということで、3種類を言うことを頭に入れておいて作業していきましょう♪

本題に戻ります。

今回、土曜日と日曜日の色を変えたいので、幸いなことに書式の希望が3種以下なのでとても気楽に作業できます♪

まず、曜日の欄を1日から31日分まで(セルB5~セルB35)選択します。それから条件付き書式を開くのですが・・・。

条件付き書式は「書式」の中にあります(隠れていたら展開マークにマウスカーソルを持って行ってみてください♪)。

cal_081020_01.png

条件付き書式の画面が開いたら、「次の値~」のプルダウン(1)から「次の値に等しい」を選びます。

cal_081020_02.png

次に(2)に「7」を入力します。この「7」は WEEKDAY 関数で求められた値「7(土曜日)」を指します。日曜日が「1」、月曜日が「2」・・・となっているわけです。

次に「書式」ボタンをクリックして、セルの書式を決定します。セル全体を塗りつぶしても、文字の色だけかえても、それはあなたのお好みで。以下は土曜日なら文字の色を薄い青色にする設定です。

cal_081020_03.png

セルの書式画面のOKボタンをクリックし、条件付き書式画面のOKボタンもクリックしてみましょう。以下のように土曜日の「土」に変化が起きませんでしたか???

cal_081020_04.png

もし、なんの変化も現れていないようなら、「土」のセルを1つだけを選択して、もう一度やり直してみて下さい。もし、WEEKDAY 関数にオプションをつけたのなら、オプションに従って、1に対応する曜日が変わってきますので、それも合わせて確認して下さいね。

・・・では、日曜日もやってみましょう。条件付き書式の画面を開き、追加ボタンをクリックします。「条件2」が追加されますよ~。

cal_081020_05.png

「条件2」が追加されたことを確認したら、条件2欄の設定をします。条件1の土曜日同様、「次の値に等しい」を選びます。ただし、日曜日なので値は「1」となります。条件の設定が終わったら、また「書式」ボタンをクリックして書式を定義します。日曜日なので文字色を赤にしましょうか。

cal_081020_06.png

いかがなものでしょうか???えっ?日付の数字も色を変えた方がいいんじゃないかって?!う~ん、そうですね。確かに、その方がぱっと見でわかるカレンダーになりますよね。

確かに条件付き書式で設定可能なのですが、今回は「セルの値」ではなく「数式」を入れることにします。このように、条件付き書式では、他のセルの計算結果を基にセルの書式を変更することもできます。ただし、「書式」ボタンをクリックして出てきた書式以外は変えられませんけどね(苦笑)。

では早速作業してみましょう。

まず「1日」のセル(セルA5)を選択します。今回は日付のセルを全部まとめて設定できないので、セル1個だけ、まず作業しますね。

次におなじみになった「条件付き書式」画面を開きます。

cal_081020_07.png

条件1に土曜日の条件を入れていきます。まず、(1)「数式が」を選びます。(2)テキストボックスに

=B5=7

と、半角で入力します。B5はもちろんセルB5のことで、1日の曜日が表示されているセルのことです。このセルの値が「7(土曜日)」だったら・・・セルの書式を変更しなさい!と言うことになりますので、「書式」ボタンをクリックして、セルの書式を設定しましょう。

次に、「追加」ボタンをクリックして、条件2を表示させます。

条件2には日曜日の条件式を書いていきますので、土曜日(条件1)同様、「数式が」を選び、テキストボックスに、

=B5=1

として、「書式」ボタンをクリックしてセルの書式を設定します。

いったん、これで条件付き書式の設定を完了します。

1日(ついたち)のセルだけ変更しましたので、特別な変化はないですよね。1日が土曜日か日曜日なら変化があると思いますが・・・。

今さっき設定したのは「数式」でした。要するに、2日のセル(セルA6)に「セルB5(1日の曜日)」がなんなのかなんて設定しても意味がないのでやらなかったわけです。じゃぁ、これを1セルずつやっていくのか?いえいえ、書式ってコピーできるじゃないですか!!!

セルA5を選択してコピーします。セルA6からセル35までを選択して、「形式を選択して貼り付け」します。

cal_081020_08.png

形式を選択して貼り付けは「編集」の中にありますので、まずは画面を開きます。

cal_081020_09.png

画面が開いたら「貼り付け」カテゴリ内の「書式」ラジオボタンをオンにして、OKボタンをクリックします。

これで、土曜日と日曜日の日にちの色も変わったはずです。

次回では、祝日の設定を予定。

カレンダーの月末処理

あまり複雑なことはできませんが、2月や30日までの月は31日(29、30日)を表示しないくらいなら比較的簡単にできます。基本はカレンダーの定義をエクセルに反映させること。ただ、これだけです。やり方はいろいろあると思いますが、一例を紹介しますね♪

  • 1、3、5、7、8、10、12月は31日
  • 4、6、9、11月は30日
  • 年数が4の倍数の年をうるう年とする。ただし、100の倍数の年で400の倍数でない年は平年とする

この定義をまとめてみましょう。

  1. 1、3、5、7、8、10、12月は31日まである
  2. 2月以外は30日がある
  3. カレンダーはエクセルがシリアル値で管理しているので閏年の管理はいつ3月1日になるかで判定すればいい

考え方の一例なんですけど、いかがでしょう???もっといい定義があれば、もちろん、それにそって関数を組み立てて下さいね♪

さて、話は戻ります。

(1)の31日の件は、31日を表示するかどうかを判定するので「31日」に、(2)の件は30日を表示するかどうかを判定するので「30日」に、(3)は29日を表示するかどうかを判定するので「29日」に、関数を入れていきます。

では、具体的に。

とりあえず、31日のセルを選択します。先ほどコピーした関数はいったん忘れて、31日を表示するかしないかの関数に置き換えます。

31日まであるのは、1、3、5、7、8、10、12月なので、セルA2(月度設定セル)に、該当月が入力されているかどうかチェックします。チェックは IF 関数を使って判定します。「もし××ならば」の××部分に31日まである月を OR 関数を使って定義します。IF関数ですので、正しければ、セルA34(30日のセル)+1、正しくなければブランクとします。

=IF(OR(A2=1,A2=3,A2=5,A2=7,A2=8,A2=10,A2=12),A34+1,"")

これで、2、4、6、9、11月は31日がブランクになるはずです。

30日については2月以外は30日を表示すべきとわかっているので、IF 関数で、セルA2が2月ならブランク、そうでなければセルA33(29日)+1 とします。

=IF(A2=2,"",A33+1)

29日については、閏年の定義はさておき、エクセルがカレンダーを持っているのでなんの心配もいりません。セルA32(2月28日)に1を足して2月29日になれば29日を表示、セルA32に1を足して3月1日になればブランクとなります。29日があるのかないのかは、2月なのか3月なのかを調べればいいので、月度を取り出して比較します。セルA32(2月28日)+1 が A2(月度設定セル=2月)であるかどうかです。月度を取り出すには、MONTH関数を使います。(日付を取り出して29日かどうかを調べてもOKです♪)

=IF(MONTH(A32+1)=A2,A32+1,"")

これで、29~31日の設定ができました。2月などいろいろ変えて試してみて下さい。

最後に曜日の関数を変更します。これは単純に、日にちセルに日にちが表示されていれば曜日を表示、そうでなければブランク・・・と、IF 関数を使って設定します。29日の場合はセルB33に。

=IF(A33="","",WEEKDAY(A33))

このセルをコピーして30日と31日に貼り付ければおしまいです。

とりあえずこれで、西暦と月度を入力すると、曜日が自動変更され、月末の29~31日の処理も行えるようになりました。これだけでは物足りないとは思いますが、今日はこの辺で。

お疲れ様でした。

※もっと簡単に定義したい方へ
エクセルは万年カレンダーを持っています。1月31日に1を足せば必ず2月1日になります。閏年だろうと、間違えずに計算します。と言うことは、前日と当日の月を比べて違っていれば空欄にし、2月の場合、前日セルが空欄ならエラーになるので、その回避処理も追加しておけばOKです。月を取得するにはmonth関数、前日セルが空欄かどうかは、if関数で「=""」ならば、とするのが無難でしょう。

次回は、土曜日と日曜日の色替えです♪

曜日を調べる

エクセルで曜日を調べるには WEEKDAY 関数を利用します。

cal_081015_03.png

(1)fxボタンをクリック
(2)関数の分類で「日付/時刻」を選択
(3)リストから WEEKDAY 関数を選択

最後に、OKボタンをクリックすると WEEKDAY 関数の編集画面が開きます。

ところで、「シリアル値」ってなんのことでしょうか?!?!実は、Windows版エクセルでは1900年1月1日のシリアル値が「1」なんです。1900年1月2日が「2」・・・と言う具合に数字が日々大きくなっていきます。1900年から1000年以上経った今日のシリアル値を暗算で求めるなんて、それこそその分野の特殊な能力がないとできません。

というわけで、ちゃんと関数が準備されていますのでご安心を。二度手間で申し訳ないのですが、先ほどの WEEKDAY 関数の画面はいったんキャンセルいただき、以下の操作をお願いします。

(1)fxボタンをクリック
(2)関数の分類で「日付/時刻」を選択
(3)リストから DATE 関数を選択

OKボタンをクリックいただくと、DATE 関数の編集画面が開きます。ここに、今日の日付なり、1900年1月1日なりを入れてみて下さい。ちなみに2008年10月16日のシリアル値は「39737」だそうです(笑)。

ということで、DATE 関数を使って求めたシリアル値を、WEEKDAY 関数で使うわけですね。

では早速使ってみましょう。まず、西暦と月度を定義しましょう。とりあえず西暦がセルA1、月度がセルA2にしておきましょう。

cal_081015_04.png

続いて日付を DATE 関数を使って表示します。セルA5に

=DATE(A1,A2,1)

と入力してみて下さい。関数編集画面を開いてもかまいませんし、「=」から手入力してもOKです♪

えっ、5桁の数字が表れた?!?!

いえ、大丈夫です。それで正常です。安心して下さい。先ほど説明した「シリアル値」が表示されているだけなのです。え?それでもこれじゃぁカレンダーにならない?!あぁ、まぁそうですね。でも、そう言うときは、セルの書式設定というおまじないをすればいいのです。

シリアル値が表示されているセルを選択してから、キーボードの「Ctrl」を押しながら数字の「1(テンキーではなく「!(ぬ)のキーです」)」を押してみて下さい。「セルの書式設定」が開きましたよね?(エクセル2007ってどうなってるんだろう??)

cal_081015_05.png

セルの書式設定画面の「表示形式」タブを選び、分類の一覧から「ユーザー定義」を選び、種類の入力スペースにある「G/標準」を削除して、「d」を入力します。すると「種類」の上に表示されている「サンプル」が5桁の数字から「1」に変わるんです!!

この「d」は、Year,Month,Date のDateの「d」なんです。シリアル値から、y(年)、m(月)、d(日)が簡単に抜き出せるというわけです。ちなみに・・・「d」を「dd」とすると、「01」です。「10/1」ではなく「10/01」と表示したいときは、「mm/dd」とすればすっきりします♪

えっと、話がそれましたが、書式設定のおまじないで、無事、日にちが「1」になったかと思います。なんか面倒な気もしますが、WEEKDAY 関数で利用するため、2日以降も関数を設定します。でも、わざわざ、date 関数を使う必要はありません。シリアル値に1を足せば、必ず次の日になるんですから♪

と言うわけで、セルA6に、

=A5+1

と入力するだけでOK。シリアル値になってしまったら、セルの書式設定でおまじない。

「2」になったのを確認したら、このセルの右下の小さな四角(■)を掴んで31日のセルまでドラッグ!順々に「前のセル+1」がコピーされます。

日にち欄に「1」~「31」までの数字が入っていればとりあえず日付は完成です。

さて、ようやく曜日です。

セルB5に WEEKDAY 関数を入力します。

=WEEKDAY(A5)

あー、まただまされたー!とか思っていませんか?だって、数字が表示されているはずですから。でもこれで良いんです。

cal_081015_06.png

曜日のセルを選んで、セルの書式設定画面を開きます。先ほどは「日にち」のみを取り出しましたが、今度は日本語で曜日を表示するようにします。「aaa」で「月火水木金土日」、「aaaa」なら「月曜日火曜日水曜日・・・」となります。また英語の方がイイ場合は「ddd」や「dddd」でどうぞ♪

最後にセルA5を選択し、右下の小さな四角を掴んで31日までドラッグします。これで月末まで曜日が入力されたはずです。

では、西暦と月度を変更して、曜日が自動変更されるか見てみましょう♪

う・・・できない???うーん(困)。とりあえず、手順を確認してみて下さい(汗)。

(3)に続きます。

エクセルカレンダーを自作したい!

そう言ったご要望が多いので、とりあえず解説していきます。ただし、

cal_081015.gif

こう言うのは、いわゆる応用編なので、考え方など、順を追っていきますね。手っ取り早く作りたい方は、エクセルの雛形などをDLしてご利用下さい♪

何よりもできてもらわないと困るのは、エクセル上で文字の入力ができることと、罫線が引けること、そして、文字のサイズを変えたりフォントの種類を変更できることです。これらに関しては説明しませんので、お手持ちの参考書でご確認下さい。

まずは以下のようなシンプルなカレンダーを作ってみます。

cal_081015_02.gif

数字も曜日も手入力ですので、どなたでも作成できると思います。

でも、これでは不満なんですよね(苦笑)。

  1. 曜日を手帳やカレンダーで調べて入力するのが面倒
  2. 30日だったり31日だったり、28日だったり29日だったり、書いたり消したりも面倒
  3. できたら土曜日は青、日曜日は赤で表示できたら良いのになぁ~
  4. 贅沢を言って祝祭日振替え休日もわかるようにしたい!

私はこんな不満を感じますが、皆さんはどうでしょうか???

とりあえずですね、3と4は手数が多くちょっと面倒かも知れませんが、1と2は比較的わかりやすいのでやってみましょう!!!

では、次のページで早速♪