派遣社員のPC入門

はけんしゃいんのぱそこんにゅうもん
2014年はサイトリニューアルを予定しています。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
Top > ソフトウェア : フォトレタッチソフト

フォトレタッチソフト

フォトレタッチソフトはデジタルカメラで撮影した写真データや、スキャンした画像を補整・修正するソフトです。よく使う機能は「赤目補正」「ピンぼけ補正」ではないでしょうか。プリンター付属の印刷ソフトにそのような機能が含まれていることがありますが、もっと納得のいく修正をしたいときにフォトレタッチソフトを使うと便利でしょう。

なお、Windows 付属の「ペイント」はペイントソフトであって、フォトレタッチソフトではありません。フォトショップなどの高機能外レタッチソフトの中にペイント機能が含まれている場合は多々あります。

意外と使えるフリーソフト

少し前まではこれと言ったソフトがなく、フォトショップエレメンツを買った方がいい・・・と言うのが無難だと思っていましたが、最近はフリーソフトの中にも、十分使えるものが増えてきたように思います。

どうしてもフォトショップが必要な方は、CMYK(4色分解)やEPS形式でデータ入稿する必要のある方です。なお、フォトショップエレメンツではこれらの機能をサポートしていないので、10万円近いフォトショップをお求め下さい。

CMYKやEPS形式が必要のない方は、フリーソフトで十分処理できると思います。GIMPを試しましたが、先に挙げたことができないくらいで、画像の補整・修正は充分に行えます。それこそ、試しにダウンロードして使ってみて下さい。

とはいえ、フォトレタッチはセンスと技術がなければできません。インストール後は納得いくまで練習を繰り返してみて下さい。関連サイトを熟読したり、書籍を購入して読んでみることも大切です。勉強や練習をする時間のない方は、デジカメやプリンター付属のソフトで一発補正するのがいいと思います。

私のオススメフォトレタッチソフト

書き直し:09/06/04
追記:データが飛びました(涙)
初版:データが飛びました(涙)
前の記事] [次の記事] 《拍手を送る
ゼロからスタート英単語 BASIC1400
ひとつの単語にたくさんの日本語訳を覚えるのはもうやめよう!単語の基本イメージをしっかり固めてどんどん応用しよう!
アメリカの子どものように英会話を覚える本
日本語と英語の考え方の違いからくる勘違いを根本解決してくれます。知っておいて損しない言い回しが満載です。
Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本―最初からそう教えてくれればいいのに!Excel2007/2003対応
VBAは便利って聞くけど、プログラミングなんてやったことないし、何をどうやったらいいの?と言う方にオススメ。なお、関数だけじゃもう無理!VBAってやった方がいい?と言う方には良書。
基本動詞をマスターしよう:スペースアルク
have, make, take, give, get これらは辞書を引くとたくさんの日本語訳が書いてあります。ネイティブはそれをどうやって記憶しているのか?目から鱗のコラムです。英語学習のやり直しにも最適です。
   StyleNote5